時代の足跡が刻まれた安徽省の小さな村

2018-10-16 15:03:12 CRI

 40年前の1978年、安徽省鳳陽県の小崗村で、村人たちが大量の赤い指紋の入った「命がけの契約書」を手に、農村改革の幕を開きました。家族を単位とした農家が、集団経済組織(主に村や組)から土地などの生産手段や生産任務を請け負うという、「生産責任制」(家庭聨産承包責任制)の始まりであり、中国では今でも農村の基本制度として存続しています。

 小崗村の人々は今でも、勤労を尊び、自らの手で豊かな生活を切り開こうとしています。笑顔の奥には、改革の記憶と故郷への希望が刻まれています。(ミン・イヒョウ 森)



写真トップ4

ニュース:
政治 社会 経済 文化 エンタメ スポーツ ワールド 中国Now!
観光・グルメ:
速報ニュース 旅 in CHINA 食in CHINA ギャラリー 今週のおすすめ 名所めぐり
エンタメ・ファッション:
ザ・ホット ファッション ギャラリー ランキング この人にクローズアップ トレンド
漢語学習:
ニュースで中国語を学ぶ 歌える!C-POP 街角から これで解決!中華料理 会話で知る中国 キーワードチャイナ 汉诗岁时记
書画:
ギャラリー:書 ギャラリー:画 ビデオ 作家
ギャラリー:
エンタメ・ファッション 壁紙 社会
ネットラジオ:
新着番組 週末 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 漢語学習ーニュース 漢語学習ー会話 漢語学習ー中国語歌
ネットテレビ:
おすすめ エンタメ 観光・グルメ 漢語学習 中日交流 その他