武漢オプティックバレー、光ケーブルの完全国内生産めざす

2018-05-31 14:34:46 CRI
▲長飛光繊光纜(YOFC)社の工場

中国国際放送局傘下の国際オンライン(CRI Online)の主催により、外国人記者の湖北省武漢市取材ツアーが5月27日から30日まで行われました。

取材団は29日、武漢市内南東部に位置する武漢東湖新技術開発区を訪れました。同地は1991年に北京市の中関村(中国のシリコンバレーとして知られる)に次いで、中国で2番目に認定された国家レベルのハイテク産業開発区で、光ファイバー製造をはじめとする光通信などを基幹産業としていることから「オプティックバレー(光谷)」とも呼ばれています。

一行はまず、国内最大の光ファイバーケーブル製造企業である長飛光繊光纜(YOFC)社の工場を見学しました。同社の光ファイバーケーブル生産量は世界第2位となっており、2013年7月21日と2018年4月26日に習近平国家主席視察に訪れたことでも知られます。

続いて訪れた烽火通信(Fiber Home)社は主に通信に関するソフト面の研究開発に力を入れており、都市交通や天候といった情報の伝達や顔認証技術によるスマートシティづくりに貢献しています。

また、同社でも業務全体の30%は光ファイバーケーブル製造を行なっています。インタビューに答えた担当者は「光ファイバーケーブルの材料となるプリフォームの調達は、以前は日本、アメリカ、イタリアからの輸入に頼っていた。しかし現在は自社での製造も可能となっており、輸入を継続しながら自社生産能力の向上を進めている」と話しています。



写真トップ4

ニュース:
政治 社会 経済 文化 エンタメ スポーツ ワールド 中国Now!
観光・グルメ:
速報ニュース 旅 in CHINA 食in CHINA ギャラリー 今週のおすすめ 名所めぐり
エンタメ・ファッション:
ザ・ホット ファッション ギャラリー ランキング この人にクローズアップ トレンド
漢語学習:
ニュースで中国語を学ぶ 歌える!C-POP 街角から これで解決!中華料理 会話で知る中国 キーワードチャイナ 汉诗岁时记
書画:
ギャラリー:書 ギャラリー:画 ビデオ 作家
ギャラリー:
エンタメ・ファッション 壁紙 社会
ネットラジオ:
新着番組 週末 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 漢語学習ーニュース 漢語学習ー会話 漢語学習ー中国語歌
ネットテレビ:
おすすめ エンタメ 観光・グルメ 漢語学習 中日交流 その他