【CRI時評】中国の「スペースX」になるのは誰か

2018-09-07 19:23:06

 北京に本社を置く民間宇宙開発企業「スペースオーナー」社が5日、酒泉衛星発射センターから自社開発による運搬ロケット「ハイパーボラIZ」を打ち上げた。このロケットが搭載した民間企業の開発による3基の「衛星」も軌道に載り、それぞれに実験任務に入っている。

 5月の「ワンスペース」社による初打ち上げと同様、今回の「スペースオーナー」社によるロケットの打ち上げもまた、本来的な意味における宇宙飛行ではなく、単にロケットを用いて3基の衛星を準軌道に送り込んだに過ぎない。準軌道とは砲弾の弾道の放物線に似た軌道だが、砲弾よりも高く遠くまで飛び、軌道の最高点が大気圏を出ることもあるものだ。しかし、今回の場合は加速度が周回軌道に乗るための第一宇宙速度に足りない為、搭載物も人工衛星のように地球の周りを周回はできず、地球に落ちてくることになる。よって、「スペースオーナー」社の初打ち上げは「クライアントのために行った打ち上げ実験」と捉えるのが妥当だろう。

 動きはこれだけでは止まらない。「ワンスペース」社は8月末、二つ目の順軌道ロケットOS-X1を9月に同じく酒泉衛星発射センターから打ち上げることを発表、「ワン」社は他にも衛星軌道に衛星を送ることのできる多段階運搬ロケットOS-Mについても、すでに第二段機体、第三段機体の燃焼試験を完了しており、年内の打ち上げに期待がかかる。

 こうした民間宇宙開発企業各社の努力の下、中国の商業宇宙開発事業の幕が上がろうとしている。そして今年、2018年は、中国の民営宇宙事業元年として歴史に刻まれることになろう。

 宇宙ロケットの研究開発と発射は、彼の米国においても、これまでは政府主導の形を採っていた。その原因は、ロケット開発には恐ろしく費用がかかり、国家の力を持ってのみ支えることが可能なものだったからだ。1962年、時の米大統領ケネディ氏は、有名な宇宙事業に関する演説の中で、宇宙事業の国家経済に対する最大の貢献は資源の統合にあるとの指摘を行っている。米国の宇宙事業の発展は、材料科学、マイクロエレクトロニクス、ケミカル、冶金、メカトロニクスなど、産業体系のアップグレードを後押しし、米国全体の製造業のレベルを押し上げる結果となった。

 現在、「スペースX」社や「ブルーオリジン」社のような米の民間企業は、公開市場から他国が宇宙事業レベルとみなすハイグレードな製品を調達することができる。それに比べて、中国の民間宇宙開発事業者はなお「簡単な固体燃料ロケットを用いて準軌道飛行を行う」段階にある。彼らが公開市場から調達可能な最先端技術とはそのレベルのものでしかないのだ。表面的にはこれが中米の民間商業宇宙開発企業の差と考えることもできるが、現実にはこれは中米の科学技術の産業化レベルの差を反映していると言える。

 しかし、「ワンスペース」、「スペースオーナー」など、中国の民間宇宙開発事業者には更に長いスパンの考えがある。例えば、「スペースオーナー」のオフィシャルサイトには、米国のファルコン9ロケットに似た液体燃料による再利用型ロケット「ハイパーボラ2」計画の他、最高難度とされるメタンエンジンが開発途上にあることが示されている。これは米国を含む各国が全力で開発を進める新型ロケットエンジン技術であり、再利用型ロケットの動力源となるもので、未来における人類の惑星間航行に向けた戦略的意味合いを持つものでもある。

 また、もう一つの民間宇宙開発企業「ランドスペース」社では、自社開発によるメタンエンジンの推力室の燃焼実験を終えているが、これは民間企業のみならず、国家主導の宇宙工業分野においても極めて難度の高いものに属する。

 メタンエンジンは高度な技術が求められるものであり、その周辺部品にも極めて高い性能が求められる。「ランドスペース」社や「スペースオーナー」社などの企業によるメタンエンジンの開発過程は、民間の関連企業の技術レベルを引き上げ、国内の産業体系全体にも牽引効果をもたらしていくものとなる。これは、誰が中国のスペースXになるかということよりも、遥かに大きな意味をもつことになろう。

おすすめ

この冬にぴったりの店――北京の火鍋老舗・洪運軒
September 21 2018 12:13:57

この冬にぴったりの店――北京の火鍋老舗・洪運軒

 洪運軒は開店以来21年の間、5回移転を重ねましたが、店を構えるのはいつも北京のフートンの中の静かな場所です。店がどこに移ろうと、食いしん坊たちが駆けつけて来ます。オーナーの洪さんは業界の生き字引と呼ばれています…

林志穎(ジミー・リン)
この人にクローズアップSeptember 21 2018 12:13:57

林志穎(ジミー・リン)

 林志穎(ジミー・リン)は台北生まれの39歳。90年代にアイドルとして中華圏で大活躍し、当時は、呉奇隆(ニッキー・ウー)、金城武、蘇有朋(アレック・スー)と共に「台湾四小天王(台湾の4大アイドル)」と呼ばれ…

中国ミュージックマガジン(Mマガ)2014年01月 VOL.1
September 21 2018 12:13:57

中国ミュージックマガジン(Mマガ)2014年01月 VOL.1

 大陸出身の人気歌手・張靚頴(ジェーン・チャン)の最新シングル。張靚頴(ジェーン・チャン)は四川省出身の29歳、2005年湖南衛星テレビのオーディション番組『超級女声(スパーガール)』で3位に入賞したのをきっかけに歌手デビューしまし……

最新のビデオ

ニュース:
政治 社会 経済 文化 エンタメ スポーツ ワールド 中国Now!
観光・グルメ:
速報ニュース 旅 in CHINA 食in CHINA ギャラリー 今週のおすすめ 名所めぐり
エンタメ・ファッション:
ザ・ホット ファッション ギャラリー ランキング この人にクローズアップ トレンド
漢語学習:
ニュースで中国語を学ぶ 歌える!C-POP 街角から これで解決!中華料理 会話で知る中国 キーワードチャイナ 汉诗岁时记
書画:
ギャラリー:書 ギャラリー:画 ビデオ 作家
ギャラリー:
エンタメ・ファッション 壁紙 社会
ネットラジオ:
新着番組 週末 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 漢語学習ーニュース 漢語学習ー会話 漢語学習ー中国語歌
ネットテレビ:
おすすめ エンタメ 観光・グルメ 漢語学習 中日交流 その他