『犬猿』上映、 2018上海・日本映画週間が幕開け

2018-06-17 14:04:15

 
吉田監督(右)

 第21回上海国際映画祭の一環として「2018上海・日本映画週間」が16日~25日にかけて上海で行われています。16日、上海蘭生典尚映画館で吉田恵輔監督が4年ぶりにオリジナル脚本を担当した『犬猿』が上映され、日本映画週間は幕を開けました。

 
会場の様子

 上映終了後、舞台挨拶に登壇した吉田監督は、「兄弟姉妹間の嫉妬をテーマにした映画だった。自分の持っているものの価値を考えずに、相手のものを羨むという内容の映画を、兄弟姉妹同士でやってみたかった」と作品に寄せた思いを語りました。また、キャスティングについては、「兄弟を演じた窪田正孝と新井浩文の演技が、同じ年代の中で一番うまい二人だと思い、彼らとずっと一緒に映画を作りたかった。しかし、姉妹役には演技経験のない江上敬子と筧美和子を選んだ。もしこんな彼女たちの演技を私がうまく引き出すことができれば、きっとみんなにすごい監督だと褒められる」とユーモアたっぷりに話しました。 


吉田監督

 吉田監督は舞台挨拶後のCRIの取材に対し、「上海国際映画祭の参加は初めてだが、とても派手で、大きな映画祭で、興奮している」と答えました。『犬猿』の見どころについては、「人間が誰でも持っている感情である嫉みや妬みは、他人事ではなく、自分の中にもあるものだという思いを切っても切れない愛の形で描いた作品だ。この両方を感じ取っていただき、持ち帰ってほしい」と話しました。 


ファンからの花束を受け取る吉田監督(左)

 さらに、中国の映画業界との協力について、「中国の映画は発展し続けていると思う。中国のことを見れば、日本の変わらないところや改善の必要なところが分かる。中国の映画会社や俳優などとの共同制作には興味があるので、チャンスがあれば、中国の制作陣と一緒に映画を作ってみたい」と今後の制作に向けて期待を示しました。(取材:李陽、日本語文責:星) 


400席近くある映画館はほぼ満席に

おすすめ

この冬にぴったりの店――北京の火鍋老舗・洪運軒
July 23 2018 21:31:25

この冬にぴったりの店――北京の火鍋老舗・洪運軒

 洪運軒は開店以来21年の間、5回移転を重ねましたが、店を構えるのはいつも北京のフートンの中の静かな場所です。店がどこに移ろうと、食いしん坊たちが駆けつけて来ます。オーナーの洪さんは業界の生き字引と呼ばれています…

林志穎(ジミー・リン)

林志穎(ジミー・リン)

 林志穎(ジミー・リン)は台北生まれの39歳。90年代にアイドルとして中華圏で大活躍し、当時は、呉奇隆(ニッキー・ウー)、金城武、蘇有朋(アレック・スー)と共に「台湾四小天王(台湾の4大アイドル)」と呼ばれ…

中国ミュージックマガジン(Mマガ)2014年01月 VOL.1
July 23 2018 21:31:25

中国ミュージックマガジン(Mマガ)2014年01月 VOL.1

 大陸出身の人気歌手・張靚頴(ジェーン・チャン)の最新シングル。張靚頴(ジェーン・チャン)は四川省出身の29歳、2005年湖南衛星テレビのオーディション番組『超級女声(スパーガール)』で3位に入賞したのをきっかけに歌手デビューしまし……

最新のビデオ

ニュース:
政治 社会 経済 文化 エンタメ スポーツ ワールド 中国Now!
観光・グルメ:
速報ニュース 旅 in CHINA 食in CHINA ギャラリー 今週のおすすめ 名所めぐり
エンタメ・ファッション:
ザ・ホット ファッション ギャラリー ランキング この人にクローズアップ トレンド
漢語学習:
ニュースで中国語を学ぶ 歌える!C-POP 街角から これで解決!中華料理 会話で知る中国 キーワードチャイナ 汉诗岁时记
書画:
ギャラリー:書 ギャラリー:画 ビデオ 作家
ギャラリー:
エンタメ・ファッション 壁紙 社会
ネットラジオ:
新着番組 週末 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 漢語学習ーニュース 漢語学習ー会話 漢語学習ー中国語歌
ネットテレビ:
おすすめ エンタメ 観光・グルメ 漢語学習 中日交流 その他