「商山の早行」温庭筠

2017-03-23 14:05:34 CRI

「商山の早行」温庭筠

 今年の北京はいつになく春の訪れが早いように感じています。暦の上でも春分を過ぎ、朝も明るくなるのが早くなってきました。私にとっては、いよいよ早起きランニングのシーズン到来です。この時期、日本では卒業式なども行われ旅立ちのシーズンでもありますね。私が大学を卒業する頃は、卒業旅行にペンションに泊まるのが流行でした。今は、ペンションなんていう言葉も死語になっているかもしれません。先日、北京空港で卒業旅行風の2人の男子大学生を見かけました。「指差し中国語会話」なる本を片手に、苦労しながらタクシーに乗るところでした。お手伝いしようかなとも思いましたが、若い2人のこと。きっと何とかなると思い、心の中で「頑張って!」とつぶやいて通り過ぎました。収穫の多い、旅になりますように。さて、今日は温庭筠の「商山の早行」を紹介します。

「商山の早行」温庭筠

 作者、温庭筠は晩唐の詩人。山西省太原の人。若い頃から文才は認められていましたが、素行が悪く結局、科挙の試験は何回か受けましたが合格しませんでした。しかし、8回腕組みすると16の詩ができると言われるほど、詩の才能には溢れていたようです。タイトルの「商山の早行」は、西安の東南約140キロの商山という所を、朝早く出発するという意味です。「征鐸」の征は旅にでること、鐸は旅人が馬の首に付けた大きな鈴をいいます。2句目の「故郷」と出てきますが、これは作者の故郷太原ではなく、長安を指しているようです。この後は「霜」「槲葉」つまりかしわ、「枳花」からたちと季節を表す単語が並びます。「霜」と聞くと冬のイメージが強いのですが、かしわやからたちは、やはり春です。一気に春にならず、遅霜でも下りたのでしょう。白い霜と白いからたちの花。色とりどりではない春の描写が、作者の気持ちをよく表しています。

おすすめ

この冬にぴったりの店――北京の火鍋老舗・洪運軒
September 21 2017 09:29:04

この冬にぴったりの店――北京の火鍋老舗・洪運軒

 洪運軒は開店以来21年の間、5回移転を重ねましたが、店を構えるのはいつも北京のフートンの中の静かな場所です。店がどこに移ろうと、食いしん坊たちが駆けつけて来ます。オーナーの洪さんは業界の生き字引と呼ばれています…

林志穎(ジミー・リン)
この人にクローズアップSeptember 21 2017 09:29:04

林志穎(ジミー・リン)

 林志穎(ジミー・リン)は台北生まれの39歳。90年代にアイドルとして中華圏で大活躍し、当時は、呉奇隆(ニッキー・ウー)、金城武、蘇有朋(アレック・スー)と共に「台湾四小天王(台湾の4大アイドル)」と呼ばれ…

中国ミュージックマガジン(Mマガ)2014年01月 VOL.1
September 21 2017 09:29:04

中国ミュージックマガジン(Mマガ)2014年01月 VOL.1

 大陸出身の人気歌手・張靚頴(ジェーン・チャン)の最新シングル。張靚頴(ジェーン・チャン)は四川省出身の29歳、2005年湖南衛星テレビのオーディション番組『超級女声(スパーガール)』で3位に入賞したのをきっかけに歌手デビューしまし……

最新のビデオ

ニュース:
政治 社会 経済 文化 エンタメ スポーツ ワールド 中国Now!
観光・グルメ:
速報ニュース 旅 in CHINA 食in CHINA ギャラリー 今週のおすすめ 名所めぐり
エンタメ・ファッション:
ザ・ホット ファッション ギャラリー ランキング この人にクローズアップ トレンド
漢語学習:
ニュースで中国語を学ぶ 歌える!C-POP 街角から これで解決!中華料理 会話で知る中国 キーワードチャイナ 汉诗岁时记
書画:
ギャラリー:書 ギャラリー:画 ビデオ 作家
ギャラリー:
エンタメ・ファッション 壁紙 社会
ネットラジオ:
新着番組 週末 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 漢語学習ーニュース 漢語学習ー会話 漢語学習ー中国語歌
ネットテレビ:
おすすめ エンタメ 観光・グルメ 漢語学習 中日交流 その他