「逢入京使(京に入る使いに逢う)」岑参

2016-10-06 15:54:14 CRI

「逢入京使(京に入る使いに逢う)」岑参

 中国は国慶節の大型連休中。北京は中国全体から見れば、憧れの都、観光地です。大きな花籠や赤や黄色の中国カラーの花で飾られた天安門広場にも地方からたくさんの観光客が押し寄せています。北京に暮らす私は普段、天安門広場に行くことはほとんどありませんが、5月1日のメーデーの連休とこの国慶節の連休には毎年、天安門広場に行っています。数年前までは、ちょっと早起きしてでかけると、かなり近くで国旗掲揚式を見ることができました。最近は、観光客が多すぎて国旗掲揚台の近くまでいくのも難しくなり、人が少し引いたであろう時間帯に出かけています。そこで、毎年、写真を撮ります。自分の着ている服を今までの年と較べてみると、今年は寒くなるのが早いように思います。年によっては半そでのセーターという時もありますが、今年は長袖のブラウスに羽織るモノが必要です。さて、今日は岑参(しんじん)の「逢入京使(京に入る使いに逢う)」を紹介します。

「逢入京使(京に入る使いに逢う)」岑参

 作者、岑参(しんじん・しんしん・しんさん)は盛唐の詩人。辺境の詩を得意としました。王羲之と並ぶ書家、顔真卿の下で働いたこともありました。上司である顔真卿が今の甘粛省青海省あたりに赴任した翌年、34歳の岑参も安西都護府(新疆ウイグル自治区トルファン)に赴任することになります。前回は、その赴任先に向かう途中、玉門関に滞在した時に作った詩を紹介しました。今日の詩は、作者がその玉門関を出て砂漠地帯を馬で進んでいる時のものです。タイトルの「京」は、都長安のこと。「故園」は、故郷、ふるさとです。「漫漫」はあたり一面、至る所ですから、砂漠を見渡すとあたり一面道が続いている、道しかない、果てしなくと言った感じです。龍鐘は、失意の様子や涙にぬれる様子をいいます。目の前に続く砂漠の風景を見ては、今後の生活を想い涙し、振り返れば今までの故郷での家族との生活を想い涙する。今の時代のようにインターネットで気軽に近況を報告し合える訳ではありません。まして行き先が砂漠のその先となれば、涙が止まらないというのも解ります。先日私が見た玉門関からの景色は、確かに360度遮るものなく砂漠が広がっていました。現代の都会に暮らす私が見ればなんとも雄大で解放感に包まれますが、同じ景色でも時代と境遇が違えば、思いも違いますよね。

おすすめ

この冬にぴったりの店――北京の火鍋老舗・洪運軒
October 24 2020 14:17:31

この冬にぴったりの店――北京の火鍋老舗・洪運軒

 洪運軒は開店以来21年の間、5回移転を重ねましたが、店を構えるのはいつも北京のフートンの中の静かな場所です。店がどこに移ろうと、食いしん坊たちが駆けつけて来ます。オーナーの洪さんは業界の生き字引と呼ばれています…

林志穎(ジミー・リン)
この人にクローズアップOctober 24 2020 14:17:31

林志穎(ジミー・リン)

 林志穎(ジミー・リン)は台北生まれの39歳。90年代にアイドルとして中華圏で大活躍し、当時は、呉奇隆(ニッキー・ウー)、金城武、蘇有朋(アレック・スー)と共に「台湾四小天王(台湾の4大アイドル)」と呼ばれ…

中国ミュージックマガジン(Mマガ)2014年01月 VOL.1
October 24 2020 14:17:31

中国ミュージックマガジン(Mマガ)2014年01月 VOL.1

 大陸出身の人気歌手・張靚頴(ジェーン・チャン)の最新シングル。張靚頴(ジェーン・チャン)は四川省出身の29歳、2005年湖南衛星テレビのオーディション番組『超級女声(スパーガール)』で3位に入賞したのをきっかけに歌手デビューしまし……

最新のビデオ

ニュース:
政治 社会 経済 文化 エンタメ スポーツ ワールド 中国Now!
観光・グルメ:
速報ニュース 旅 in CHINA 食in CHINA ギャラリー 今週のおすすめ 名所めぐり
エンタメ・ファッション:
ザ・ホット ファッション ギャラリー ランキング この人にクローズアップ トレンド
漢語学習:
ニュースで中国語を学ぶ 歌える!C-POP 街角から これで解決!中華料理 会話で知る中国 キーワードチャイナ 汉诗岁时记
書画:
ギャラリー:書 ギャラリー:画 ビデオ 作家
ギャラリー:
エンタメ・ファッション 壁紙 社会
ネットラジオ:
新着番組 週末 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 漢語学習ーニュース 漢語学習ー会話 漢語学習ー中国語歌
ネットテレビ:
おすすめ エンタメ 観光・グルメ 漢語学習 中日交流 その他