7月11日 第5回中国国際カフェショーを見て歩き、北京・ラジオ珈琲館 田口護のカフェ人生

2017-07-11 21:29:29

1時間目 第5回中国国際カフェショーを見て歩き

担当:王小燕、斉鵬

7月11日 第5回中国国際カフェショーを見て歩き、北京・ラジオ珈琲館 田口護のカフェ人生

   今週は最近いただいたお便りのご紹介に続いて、第5回中国国際カフェショーでのマイクリポートです。

   7月6日~9日、第5回中国国際Cafe Showが北京北東部の中国国際展覧センターで開催されました。350社余りが出展し、展示面積が3万平米を超え、来場者が7万人に達したことで、中国北部では最大級のコーヒー展示会です。世界数十カ国のコーヒー豆や、中国の国内メーカーの開発したコーヒーマシン、容器、コーヒー店経営の関連グッズが陳列されていました。

 ところで、ずっと茶を飲み続けてきた中国では、コーヒーの普及するプロセスは、改革開放のテンポと歩みをともにしたものです。1980年代初めから中国で発売されるようになったネスレのインスタントコーヒーが、多くの人にとってのコーヒー初体験と言えます。

7月11日 第5回中国国際カフェショーを見て歩き、北京・ラジオ珈琲館 田口護のカフェ人生

   その後、わずか30年ほどの期間ですが、中国のコーヒー産業は目覚ましい発展を成し遂げてきました。カフェショーの展示規模も年々拡大しているのもその一例です。

   一人平均の年間コーヒー消費量は日本では200杯であるの対し、今の中国はわずか4杯にとどまっているという統計データがあります。しかし、2017年、中国のコーヒー市場の伸び率が75%に達するとも見られています。コーヒーを飲む文化が大都会から中小都市へと広がりつつあります。

   一体、中国コーヒー産業の現場では何が起きているのか。今回は、王小燕アナと、日本語フリーペーパー『北京TokoToko』創刊者で、コーヒー愛好者の大西邦佳さんによるマイクリポートです。

2時間目 北京・ラジオ珈琲館 田口護のカフェ人生~①なぜ、中国なのか?

聞き手:王小燕

 

7月11日 第5回中国国際カフェショーを見て歩き、北京・ラジオ珈琲館 田口護のカフェ人生

おすすめ

この冬にぴったりの店――北京の火鍋老舗・洪運軒
September 22 2017 19:35:13

この冬にぴったりの店――北京の火鍋老舗・洪運軒

 洪運軒は開店以来21年の間、5回移転を重ねましたが、店を構えるのはいつも北京のフートンの中の静かな場所です。店がどこに移ろうと、食いしん坊たちが駆けつけて来ます。オーナーの洪さんは業界の生き字引と呼ばれています…

林志穎(ジミー・リン)
この人にクローズアップSeptember 22 2017 19:35:13

林志穎(ジミー・リン)

 林志穎(ジミー・リン)は台北生まれの39歳。90年代にアイドルとして中華圏で大活躍し、当時は、呉奇隆(ニッキー・ウー)、金城武、蘇有朋(アレック・スー)と共に「台湾四小天王(台湾の4大アイドル)」と呼ばれ…

中国ミュージックマガジン(Mマガ)2014年01月 VOL.1
September 22 2017 19:35:13

中国ミュージックマガジン(Mマガ)2014年01月 VOL.1

 大陸出身の人気歌手・張靚頴(ジェーン・チャン)の最新シングル。張靚頴(ジェーン・チャン)は四川省出身の29歳、2005年湖南衛星テレビのオーディション番組『超級女声(スパーガール)』で3位に入賞したのをきっかけに歌手デビューしまし……

最新のビデオ