無形文化遺産のちょうちん「針刺無骨花灯」=浙江省仙居県

2018-05-09 15:00:27

 浙江省仙居県の「針刺無骨花灯」は、2006年に国務院から無形文化遺産保護リストの第1期に登録された、伝統的な飾り提灯(ちょうちん)です。その歴史は唐の時代にまでさかのぼり、地元では「唐灯」とも呼ばれています。

 「無骨」の名の通り、その構造には骨組みが一本もなく、大きさや形の異なる紙の組み合わせ・貼り合わせによってできています。また、「針刺」とは刺繍針を用いたデザインの手法を指しており、この提灯の仕上げには、紙に針で穴を空けて花模様などを緻密にデザインしたものを被せます。「針刺無骨花灯」は、これら計13ステップの細かな作業を通して完成するのです。

 浙江省の無形文化遺産プロジェクトを代表する伝承人(伝統文化の継承者)の王汝蘭さん(81歳)は、1980年代から提灯の表面を飾る図案の制作に打ち込んできました。代表作には、単品作品の『ライチ提灯』『菊花提灯』『宝石提灯』や、シリーズ作品の『長旗提灯』『古亭提灯』などがあります。(とんとん、謙)


写真トップ4

ニュース:
政治 社会 経済 文化 エンタメ スポーツ ワールド 中国Now!
観光・グルメ:
速報ニュース 旅 in CHINA 食in CHINA ギャラリー 今週のおすすめ 名所めぐり
エンタメ・ファッション:
ザ・ホット ファッション ギャラリー ランキング この人にクローズアップ トレンド
漢語学習:
ニュースで中国語を学ぶ 歌える!C-POP 街角から これで解決!中華料理 会話で知る中国 キーワードチャイナ 汉诗岁时记
書画:
ギャラリー:書 ギャラリー:画 ビデオ 作家
ギャラリー:
エンタメ・ファッション 壁紙 社会
ネットラジオ:
新着番組 週末 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 漢語学習ーニュース 漢語学習ー会話 漢語学習ー中国語歌
ネットテレビ:
おすすめ エンタメ 観光・グルメ 漢語学習 中日交流 その他