千年の「蔡侯紙」、新たな原料を取り入れ=陝西省周至

2018-01-22 13:05:47
乾燥を終えた「蔡侯紙」を整理

 陝西省西安市の周至県起良村は、「蔡侯紙」という紙作り工芸を千年以上にわたり受け継いでいます。村民たちの努力により、この伝統工芸が発展を続けており、国内外から多くの見学客が訪れ、また書道愛好者の人気を集めています。

 村民の劉さんは一昨年、省内のパンダ基地「楼観台」と提携し、何百回も実験を繰り返して、パンダの糞から紙を作ることに成功しました。

 「蔡侯紙」は「漢麻紙」とも言われ、通常は梶の木を原料とし、東漢時代の宦官である蔡倫氏が発明した技法を使っています。(とんとん、森)


写真トップ4

ニュース:
政治 社会 経済 文化 エンタメ スポーツ ワールド 中国Now!
観光・グルメ:
速報ニュース 旅 in CHINA 食in CHINA ギャラリー 今週のおすすめ 名所めぐり
エンタメ・ファッション:
ザ・ホット ファッション ギャラリー ランキング この人にクローズアップ トレンド
漢語学習:
ニュースで中国語を学ぶ 歌える!C-POP 街角から これで解決!中華料理 会話で知る中国 キーワードチャイナ 汉诗岁时记
書画:
ギャラリー:書 ギャラリー:画 ビデオ 作家
ギャラリー:
エンタメ・ファッション 壁紙 社会
ネットラジオ:
新着番組 週末 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 漢語学習ーニュース 漢語学習ー会話 漢語学習ー中国語歌
ネットテレビ:
おすすめ エンタメ 観光・グルメ 漢語学習 中日交流 その他