金継ぎを学び陶磁器を「復活」させる西安の女性

2017-05-11 23:48:37

   「90後」(1990年代生まれ)の女性・黄俊玲さんは2013年に西安美術学院を卒業した後、夫と共に、陝西省西安で陶磁器店の経営を始めた。陶磁器が大好きで、自費で金継ぎの技術を学び、割れや欠け、ヒビなどの陶磁器の破損部分を修復し、装飾して仕上げている。新華網が報じた。

   漆の調合、破片の接着 凹凸の埋め、磨き上げ、乾燥、下地作り、金粉撒き……。繰り返しが必要な工程もあり、一つの陶磁器を修復するには平均2ヶ月必要という。「初めは、技術を習得し、陶磁器を修復して丈夫に仕上げることだけを考えていた。技術を習得した後は、どのようにして美しく仕上げるか工夫するようになった」と黄さん。

   「このように忍耐強く一つのことをするのが好き。陶磁器の修復でお金をいっぱい稼げるわけではないかもしれないが、陶磁器にはお客さんの思いが詰まっている。それを修復した後は、満足感とぬくもりを感じることができる」。(編集KN)

   「人民網日本語版」2017年5月11日


写真トップ4

ニュース:
政治 社会 経済 文化 エンタメ スポーツ ワールド 中国Now!
観光・グルメ:
速報ニュース 旅 in CHINA 食in CHINA ギャラリー 今週のおすすめ 名所めぐり
エンタメ・ファッション:
ザ・ホット ファッション ギャラリー ランキング この人にクローズアップ トレンド
漢語学習:
ニュースで中国語を学ぶ 歌える!C-POP 街角から これで解決!中華料理 会話で知る中国 キーワードチャイナ 汉诗岁时记
書画:
ギャラリー:書 ギャラリー:画 ビデオ 作家
ギャラリー:
エンタメ・ファッション 壁紙 社会
ネットラジオ:
新着番組 週末 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 漢語学習ーニュース 漢語学習ー会話 漢語学習ー中国語歌
ネットテレビ:
おすすめ エンタメ 観光・グルメ 漢語学習 中日交流 その他