チベット仏教の聖地・塔爾寺でバター彫刻の行事が開催

2017-02-14 16:40:24

   旧暦1月15日にあたる2月11日、チベット仏教の聖地である青海省の塔爾寺(タール寺)で毎年恒例の酥油花(バター彫刻)の行事「花開見仏」が行われた。また同日夜、各地から信徒が参拝に訪れ、美しい酥油花を見物した。塔爾寺の酥油花製作機関は傑尊曽扎と果芒曽扎の2つの専門機関からなり、それぞれが平等で独立しているが、互いに競い、学び合い、芸術僧の技術を絶えず向上させている。酥油花の製作はチベット自治区で始まり、のちにチベット全域に広まり、塔爾寺の輝かしい芸術として600年以上の歴史を有する。芸術僧は仏像、人物、鳥獣、植物などの形を作り、仏教の故事と合わせて信徒に仏教の理学を伝えている。

   「中国網日本語版(チャイナネット)」2017年2月13日


写真トップ4

ニュース:
政治 社会 経済 文化 エンタメ スポーツ ワールド 中国Now!
観光・グルメ:
速報ニュース 旅 in CHINA 食in CHINA ギャラリー 今週のおすすめ 名所めぐり
エンタメ・ファッション:
ザ・ホット ファッション ギャラリー ランキング この人にクローズアップ トレンド
漢語学習:
ニュースで中国語を学ぶ 歌える!C-POP 街角から これで解決!中華料理 会話で知る中国 キーワードチャイナ 汉诗岁时记
書画:
ギャラリー:書 ギャラリー:画 ビデオ 作家
ギャラリー:
エンタメ・ファッション 壁紙 社会
ネットラジオ:
新着番組 週末 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 漢語学習ーニュース 漢語学習ー会話 漢語学習ー中国語歌
ネットテレビ:
おすすめ エンタメ 観光・グルメ 漢語学習 中日交流 その他