安徽省、無形文化遺産を受け継ぐハサミ職人

2016-11-22 17:27:40

   安徽省涇県丁家橋鎮後山村に住む俞宋桃さんは、同省の無形文化遺産「後山ハサミ」の製法技能を受け継ぐ職人だ。後山村の手作りハサミの歴史は古く、俞さんも15歳の時からそれを学び、これまで35年間、ハサミを作り続けてきた。新華網が報じた。

   俞さんによると、ハサミの製作は鉄を切るところから始まり、鍛造し、研ぐまで80以上の工程がある。手の込んだ製法であるため、俞さんが1日に作ることができるハサミの数は平均10個ほどだ。俞さんは長年、若い丁稚(でっち)に技術を教えてきたものの、根気が求められるため、ほとんどが途中でやめてしまうという。そのため、後山ハサミの技能は後継者不足という課題に直面している。俞さんは、「ハサミを作り続けるのは、単に売るためではなく、この伝統技能を継承し続け、一人でも多くの人にこの伝統工芸を知ってもらうためでもある」と話す。(編集KN)

   「人民網日本語版」2016年11月21日


写真トップ4

ニュース:
政治 社会 経済 文化 エンタメ スポーツ ワールド 中国Now!
観光・グルメ:
速報ニュース 旅 in CHINA 食in CHINA ギャラリー 今週のおすすめ 名所めぐり
エンタメ・ファッション:
ザ・ホット ファッション ギャラリー ランキング この人にクローズアップ トレンド
漢語学習:
ニュースで中国語を学ぶ 歌える!C-POP 街角から これで解決!中華料理 会話で知る中国 キーワードチャイナ 汉诗岁时记
書画:
ギャラリー:書 ギャラリー:画 ビデオ 作家
ギャラリー:
エンタメ・ファッション 壁紙 社会
ネットラジオ:
新着番組 週末 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 漢語学習ーニュース 漢語学習ー会話 漢語学習ー中国語歌
ネットテレビ:
おすすめ エンタメ 観光・グルメ 漢語学習 中日交流 その他