新疆で中国最古の石炭使用跡が見つかる

2016-11-03 15:05:51 CRI

 新疆文物考古研究所の考古学者が、ニルカ県の吉仁台溝口遺跡で考古作業中に350平方メートルの住居跡を発見した。同遺跡ではこれまでに14棟、2000平方メートル以上の住居跡が見つかっている。写真は、考古現場の様子。

 新疆文物考古研究所は2015年6月17日に吉仁台溝口遺跡と墓地で補修目的の考古発掘を開始。考古作業員は大量の石炭、炭粒、燃え残った石炭の塊、古人が調理と暖を取るために使用したかまどと灰坑を発見した。作業員は出土品と墓の形状から、遺跡は今から約3500年前の青銅時代のものと推測。この発見により、中国での石炭使用の歴史は1000年以上早まった。


写真トップ4

ニュース:
政治 社会 経済 文化 エンタメ スポーツ ワールド 中国Now!
観光・グルメ:
速報ニュース 旅 in CHINA 食in CHINA ギャラリー 今週のおすすめ 名所めぐり
エンタメ・ファッション:
ザ・ホット ファッション ギャラリー ランキング この人にクローズアップ トレンド
漢語学習:
ニュースで中国語を学ぶ 歌える!C-POP 街角から これで解決!中華料理 会話で知る中国 キーワードチャイナ 汉诗岁时记
書画:
ギャラリー:書 ギャラリー:画 ビデオ 作家
ギャラリー:
エンタメ・ファッション 壁紙 社会
ネットラジオ:
新着番組 週末 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 漢語学習ーニュース 漢語学習ー会話 漢語学習ー中国語歌
ネットテレビ:
おすすめ エンタメ 観光・グルメ 漢語学習 中日交流 その他